命繋いで

水辺でアキアカネが産卵していました。今年は訳あって昆虫写真を減らし気味にしていました。でもここに来て足繁く水辺に通っています。秋が深まってきて「やっぱり撮っておかないと後悔しそう」と感じ始めた次第です。ちょっとセンチな気持ちになる秋。赤とんぼ達の産卵風景は、どこか胸を打たれるところがあります。精一杯生を繋ごうとする懸命な姿。彼あるいは彼女達は、特別な感情は無くただ本能の赴くままの行動なのでしょう。...

秋、始めました。

地元の水辺でアカトンボを見かける様になりました。日陰のほんの一画ですが、たくさんのミヤマアカネが涼んでいました。とにかく暑い日が続いてますが、それでも生き物達は季節の進み具合をしっかりと分かっている様子。そう考えると一年って早いなぁって思ったりして。ミヤマアカネ...

アキアカネはまだまだ元気

今日は朝から風が強かったけど、昨日は雨で出られなかった事もありいつもの谷戸に向かいました。ここに来て一気に気温が下がり始めている事もあり、あまり収穫は期待せず散歩がてらという感じです。風が強いものの日差しは結構あったので思いのほか暖かい。探し始めてみると、一時より数は減ったもののアキアカネがまだ沢山いました。D7000 + TAMRON SP AF180mm F/3.5 Di LD [IF] MACRO 1:1...

秋は終わらず

地元では、今年は何故かアキアカネを沢山見かけます。いつもの谷戸田では稲刈りが終わり寒々しい感じすらしますが、所々残っている水溜りでは今日も産卵する個体が多数見られました。少なくともこの場所ではもう少しだけトンボと遊べそう。冬になって後悔しない様しっかり撮っておきたいものです。D7000 + TAMRON SP AF180mm F/3.5 Di LD [IF] MACRO 1:1D7000 + TAMRON SP AF180mm F/3.5 Di LD [IF] MACRO 1:1( 11月4日撮影 )...

マユタテアカネ

今年は地元のフィールドの赤とんぼが何故か少ない。特にナツアカネとマユタテアカネがとても少なく、今年はろくに撮影も出来ずシーズンが終わりそうな勢い。なので、ここ最近はマユタテアカネとナツアカネを結構必死に探している。今日は午前中の2時間だけ、昨年マユタテアカネの産卵が見られた場所に行ってきた。なんとか産卵シーンには出会えたものの、姿を見かけたのは2ペアだけ。去年まで雑に扱っていたバチが当たったんだろ...